2007年04月09日

全国信用情報センター連合会(全情連)

 消費者金融専業会社と、商工ローンの会社が出資して設立された全国に33箇所にある信用情報機関を統括しているものです。そのため情報が登録されているのはこの連合会ではなく、各地に存在している信用情報機関で、この機関をネットワークで結び、情報を共有する形で成り立っています。

 他の信用情報機関との大きな違いは、それぞれの利用状況に関する情報が随時更新、反映されるということです。同日中に何件も融資の申請をしたり、自転車操業のような兆候があったりしないかといった情報がほぼリアルタイムで分かるため非常に精度の高い情報が得られます。

 また、全常連の端末は加盟している会社の店頭に設置されているため、加盟会社の人間が指摘に端末を使って情報を引き出したり出来ることから、情報の流出や、売却などのモラル面での問題がある。

外国為替証拠金取引FXツールレビュー


スポンサードリンク
posted by とも at 00:00 | クレジットカード基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。