2007年04月16日

カードの紛失・盗難について

 便利な点が多くあるクレジットカードではありますが、しっかり管理をしないととんでもない事件や犯罪に巻き込まれることがあります。犯罪の手口も高度化しているため、よく注意しなければなりません。クレジットかーどの使用に際して注意したい点を挙げてみます。

・クレジットカードは他の人に貸さない

 クレジットカードは発行を受けた本人だけが利用できるものです。仮に家族であっても使うことは出来ません。カードを貸して問題が発生し、困るのは貸したあなた自身です。名義貸しなどの場合もあなたの責任になるので気をつけてください。

・クレジットカードの所有権はカード会社にある


 クレジットカードはクレジット会社からあなたに貸与しているものです。盗難や紛失が起こってはなりません。

・クレジットカードには必ずサインを。

 新一カードを手にしたら、まず始めにカードの裏側にあなたのサインをしてください。サインのないカードは利用できません。このサインによって本人であることを確認しているのです。盗難や紛失の際のトラブル防止にも役立ちます。サインがない場合、不正使用されても補償されないのでご注意ください。


口座開設キャンペーンでFX会社比較


スポンサードリンク
posted by とも at 02:39 | クレジットカード基礎知識

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。