2007年04月08日

CIC(信用情報機関)

 経済産業省所管の、社団法人日本クレジット産業協会と、社団法人全国信販協会が母体となっている信用情報機関です。各クレジットカード発行会社と、信用保証会社、自動車や機械のリース・ローン会社、そして小売店など、加えて大型の消費者金融会社が加盟しています。保有している情報はおよそ4億件。規定により契約中の会員は月に一度情報を更新する義務があり、ここから得られる情報の信頼度は高いようです。

 さらに、このCICでは申込情報、照会情報、異動情報以外の、与信対象者に関する平時の信用情報については、他者が照会する際は該当する会社の名前が分からないようにもなっています。

 流通、信販、クレジットカード業のために設立されたので、銀行関係の金融機関は加盟できません。

FX(外国為替証拠金取引)解決ボックス


スポンサードリンク
posted by とも at 03:22 | クレジットカード基礎知識

全銀協(信用情報機関)

 全国銀行協会が運営している機関です。会員は、一般会員(正会員の銀行)と、特別会員(正会員以外の銀行、協同組織金融機関、政府関係金融機関、信用保証協会)の二種類です。管理している情報はおよそ8000万件です。創立は1988年10月で、会員数は1500社を超えます。

照会方法は、オンラインシステムによるもの、磁気テープ持ち出しによるもの、文書によるものがあります。データの保存期間は、実行情報は契約期間中及び契約終了から5年間で、事故情報は発生から5年間、不渡り一回目は発生から6ヶ月、取引停止処分の場合は処分が行われた日から5年間となっています。照会記録は照会日から1年間、本人申告は5年間です。

株式投資でがっちりライフ


スポンサードリンク
posted by とも at 03:21 | クレジットカード基礎知識

信用情報機関とは

 カード会員の購買データや消費者ローンの借り入れ、返済状況の情報を蓄積し、管理している機関です。「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」「全国信用情報センター連合会」「CCB」などがあります。各カード会社は申し込みを受けた際にこのような起案に問い合わせを行い、過去の支払実績や他のカードの利用状況などをチェックし、信用を供与できるかどうかを判断します。申込書を見ただけでは信用に値するか、貸付をして大丈夫かといったことを性格には判断できないからです。

 管理されている情報の中には、支払実績などのほかに、カードの限度額、氏名、住所、電話番号といった情報も含まれています。また、カード会社には、申し込みがあった際にこのような機関に問い合わせる義務も課せられているのです。

 この信用情報機関は銀行、信販、クレジット、消費者金融、外資などといった系列ごとに分かれており、いくつかの機関が存在している。

 情報にも種類があり、ホワイト情報とブラック情報がある。ホワイト情報とは、購買、残高、などの有料な情報を指し、ブラックのほうは、延滞などの事故情報のことを指す。よく耳にするブラックリストとはこの情報を一覧化したもので、延滞を繰り返し行う債務者の情報です。それぞれの機関はブラック情報に関してはやり取りをしていますが、ホワイトに関しては原則的に行っていません。

必見!クレジットカードお得なリンク


スポンサードリンク
posted by とも at 02:54 | クレジットカード基礎知識

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。